1月20日 春が来た?

 月曜から大寒波襲来というのに暖かい冬の午後。

寒くなると散歩が出来ないこともあり、カメラを持って

いそいそと外出。

 

 探せばあるもので、綺麗なお花を見つけた。

 

f:id:tedokunusi:20180120162624j:plain

f:id:tedokunusi:20180120162711j:plain

f:id:tedokunusi:20180120162743j:plain

 

 そして、目を疑ったが、梅の花のようだ。

 

f:id:tedokunusi:20180120162821j:plain

 

 町内には小公園が2カ所あり、小学校や保育園もあるから、子供たちが集まって

遊んでいる。小さい子が落としたか「魔法の杖」が垣根の上に置いてあった。

f:id:tedokunusi:20180120163450j:plain

 

 

 

1月19日 嬉しい出会い2件

 今日は春陽気に誘いだされたか、玉川上水に「まがも」と

「かるがも」が戻ってきた。

 

f:id:tedokunusi:20180119171416j:plain

f:id:tedokunusi:20180119171458j:plain

f:id:tedokunusi:20180119171554j:plain

f:id:tedokunusi:20180119171635j:plain

 

 ついでがあったので、武蔵村山の喫茶店「風香」さんの「うさぎ」たちに

会いに行った。みんな大きくなっていた。数えたら16匹まで数えられた。

 

f:id:tedokunusi:20180119172243j:plain

f:id:tedokunusi:20180119172323j:plain

f:id:tedokunusi:20180119172356j:plain

 

 野鳥も兎も生き物だから動きまわるので、写真が撮りにくい。

 

 なお、喫茶店の名前は変わっていた。

 

f:id:tedokunusi:20180119172708j:plain

 

2018年初詣

 約20年前、立川市に棲みついたときから、初詣は京王線高幡不動

混雑を避け、10日を過ぎてお参りする。JR立川駅北口の駐車場に

車を入れて、モノレールで高幡不動に向かう。

 

 今日は3月中旬の陽気とかで、モノレールから見た富士山は

春霞に煙るようにぼやけていた。

 

f:id:tedokunusi:20180116153543j:plain

 

 矢張り、16日ともなると空いていた。

 

f:id:tedokunusi:20180116153714j:plain

f:id:tedokunusi:20180116153750j:plain

 

 古いものもあるが、毎年、新しい建物が増えたり、大改装が行われ、

きらびやかになる。

 

f:id:tedokunusi:20180116154212j:plain

f:id:tedokunusi:20180116154309j:plain

f:id:tedokunusi:20180116154343j:plain

f:id:tedokunusi:20180116154424j:plain

                (大観音像)

 

 毎年、お守り札を授かってきて、翌年返納している。そのお蔭で、身内一同、

無事に過ごせており、初詣は過ぎし年の無事のお礼と、新年の健康と幸運を

お願いして来る。 お参りして来ると気分が良くなり、日本に生まれて良かった。

 

三月上旬の陽気

 今日は昨日サボったので1万歩以上歩き花の写真を

撮って来た。

 

f:id:tedokunusi:20180115184847j:plain

f:id:tedokunusi:20180115184934j:plain

f:id:tedokunusi:20180115185023j:plain

f:id:tedokunusi:20180115185137j:plain

f:id:tedokunusi:20180115185213j:plain

f:id:tedokunusi:20180115185301j:plain

 

「気」のちから

 「気」と云う<字>は誰でも知っている。

しかし、<意味>をどれだけ知っているだろうか。

 

 最も大切なのは「空気」だろう。「空気」は主に水素と酸素で

できており、地球じゅうにある。空気が無ければ生きられない。

この場合、普通は目に見えないが「気」は物質である。

 

 生物の体内にある「空気」は外界との間で入ったり、

出たりする。動物は空気の中の酸素を取り込み、炭酸ガスを出す。

植物は炭酸ガスを取り込んで、酸素を排出する。

 

 このような物質としての「気」を含む言葉としては、

例えば、「蒸気」「湯気」「熱気」「寒気」「換気」「酒気」

「臭気」など沢山ある。

 

 このほか、「電気」「磁気」に含まれる「気」はやはり

目には見えないが、計器で量や速さを計測できる。

従って、これも、物質であろう。

 

  次に、「気」という文字には抽象的で精神的な意味がある。

例えば、「元気」「勇気」「気力」「やる気」「生気」「呑気」

「勝気」「弱気」「覇気」など沢山の言葉がある。

こちらは物質ではなく、当然、目には見えない。

 

 以上のように、「気」という文字は広い意味を持っているが、

ここまでで全てだと思っていた。

 

 ところが、昨年、鍼灸術の関係でネットを通じて知り合った

方から妙なことを聞いた。鍼灸は鍼(はり)を皮膚に刺して、

神経の流れに変化を巻き起こし、自然治癒力をかきたてて、

あらゆる病を治療できるとされている。ところが、その方は鍼

(はり)を使わないでも治療が出来ると云う。

 

 その方は「気」を「エネルギー」と呼んでいるのだが、

この「エネルギー」を患者の患部に放射して治せるらしい。

確かに、医療の根源は「手当て」という言葉で現わされている。

現実に可能なのか聞き返してみたが、お忙しい方なので、

返事は聞いていない。

 

 かつて、柔道を習ったことがあり、知り合いに空手をやる若者

がいたりで、武道には関心があったが、「気」を使いそうな

合気道には縁が無かったから、武道における「気」の働きを

知る機会は無かった。

 

 今回、ネットで調べ始めたら、新たに「気」の働き=ちからが

見えてきた。体内では血液の血管や、神経の神経線維ように、

「気」も「経脈」の中を流れているらしい。

 

 中国やインドで医療の手段や体力強化の方法として、太極拳

ヨーガ、気功などが生れたらしい。仏教の読経、座禅、各種の

修行や瞑想なども精神や身体の強化の手段と考えられる。

 しかし、いずれの修行も時間がかかり、肉体にも負担を強いる

ものと思われる。

 

 ところが、この「気」=「エネルギー」の操作、コントロール

短時間で出来るようになったらしい。今の世の中、何が起きても

不思議ではないが、この技術が広まったら、いろんな分野で役に

立つだろう。幼児から始めたら、どれだけ凄い能力を身に付ける

だろうか。

 

 30年以上前に出会っていたら違う人生だっただろう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認知機能検査(続)

f:id:tedokunusi:20180110190953j:plain

 

 本日、拝島自動車教習所で上記のような「通知書」を貰い、無事、

高齢者講習の予約を入れることが出来た。

 

 検査内容は予習して行った通りだったが、16個の「絵」を4回に分けて、

スクリーンに写し、すべての絵の名称を書く問題はヒント無しで9個、

ヒントありで13個しか書けなかった。 それで総得点は80点となったが、

予想どうり、76点以上あれば「異常無し」の判定になるので無事検査通過

となった訳である。

 

 意外だったのは「午前10時50分までに受付」の意味だった。

検査の段取りの詳細を聞いてなかったのは不注意だった。 

午前中に何回か検査すると思い、早く行ったのだが、11時から全員

まとめて一度に検査だった。

 

 そのあとが凄かった。全員の答案をファックスで鮫洲試験場に送り、

コンピューターで採点して結果を拝島教習所に送り返して来たのだ。

検査終了後の所要時間は15分位か。

 

 尚、検査結果によっては大変なことになる。

   A : 通常の2時間の高齢講習を受けられる(料金は¥4,650)

   B : 3時間の講習を受けなければならない(料金は¥7,550)

   C : 後日、警察から医師の診断書提出を求められる。

        医師が認知症ではないと診断すれば、Aの扱いとなる。

        もし、診断書が「認知症」とか、診断書を提出しないと

        免許更新が出来ず、免許が無くなる。

        この状態で車を運転すると「無免許運転」になり、

        2年以上免許取得が出来なくなる。

 

 ところで事故のあとで認知症と分かるのはやはりおかしい。

免許更新すると3年間有効だから、次の更新までの間に発症したのかも

しれない。 教習所で一緒に講習を受ける人達を見ていると、みんな

元気で認知症の影も無いのだが。

        

 

1月9日 三寒四温

 今日は雨上りに南風が吹き込み、4月上旬の気温とかで、

最高気温は15度を超えたようだ。

 

 空は殆ど青空だが、雲が白黒混じり、天気が崩れる予感がした。

北米も北極からの寒波で大変らしいが、日本も北の方や日本海沿岸が

吹雪で大変のよう。

 

 こちら立川の空と暖かそうな花たちの写真を見たら、少しは暖かく

ならないかな。

 

f:id:tedokunusi:20180109201515j:plain

f:id:tedokunusi:20180109201537j:plain

f:id:tedokunusi:20180109201557j:plain

f:id:tedokunusi:20180109201613j:plain

f:id:tedokunusi:20180109201639j:plain

f:id:tedokunusi:20180109201657j:plain

f:id:tedokunusi:20180109201731j:plain