泳げない訳では無いけど

 酷暑が少しは減るように、水の怖い話をする。

 

 初めて泳いだのはプールではない。 

10才の頃、東京が戦災の怖れがあるとして、千葉の親戚に

預けられた。 近くの小川は幅が5メートルくらい。

深いところでもおへそくらい。

夏休の間、毎日のように川に入った。 泳ぐというより、

「水浴び」だった。 川にかかった小さな橋からジャンプもしたし、

深いところで潜って息をとめたりもした。

 

 東京に戻ってからは、小・中とプールが無かったので、暑くて

たまらないと、区営のプールに通った。 混んでいて、泳ぐ

どころでは無かった。

 

 さて、そろそろ、水で怖い思いをした話。 

 

【一】JR浜松町から東京港に向かうと、竹芝桟橋にでる。

そこは、伊豆大島とか、八丈島行きの観光船が停泊する岸壁。

岸壁のはずれに10メートル位の河があった。向こう岸は浜離宮

5~6名の子供達が向こう岸に泳いで渡ろうという話になった。

着ているものを脱いで、頭に載せて泳ぎ出した。

みんなスイスイおよいで向こう岸に着いた。

ところが、自分は恐怖からか、中ほどでアップアップしてしまった。

みんなはふざけて溺れた真似をしていると勘違いして、大笑いして

見ていた。

然し、手と足をバタバタ無茶苦茶に動かしているうちに、向こう岸に

着いてしまった。

みんな自分が本当に溺れかけたと云っても信じてくれなかった。

 

【二】東京湾では「はぜ」が良く釣れる。 釣り場は方々にある。

湾に注ぐ河の河口で釣った時の事。 目と鼻の先にお台場があった。

泳いで渡れそうに見えたので、着物を脱いで、パンツだけで泳ぎだした。

難無く泳ぎ着いて、お台場の中を見て回り、帰途についた。

ところが、帰りは満潮にぶつかり、湾の奥へ、奥へと流された。

スターとした地点に戻れない恐怖に襲われて慌てた。

満潮に逆らって、一歩前進、二歩後退を繰り返し、それでも

なんとか、スタート地点に戻れた。

 

【三】高校は靖国神社の隣りだったが、立派な屋内プールがあった。

夏、一年生男子全員、房総半島の先端の興津にある臨海寮で合宿。

合宿最後のビッグイベントは浜から沖の岬まで往って帰って来る、

一万メーターの遠泳。 事故に備えて救護船もでた。

自分は自信満々、喜び勇んで飛び出した。 ところが、岬に接近

したら、足の下から冷たい水が上がってきた。 湾内は水温が

高かったのが、冷たい外海の潮流にぶつかったのだ。

ふくらはぎがひきつれて、暫く立ち泳ぎしたが、怖くなって

救護船の先生たちに声をかけたら、引き揚げてくれた。

途中棄権が恥かしく、あまり思いだしたくない。

 

 水はこわい。

 

涼しくなる映画

 地球温暖化で、北極の氷が溶けて、海面が盛り上がり、

大雨を降らせて、ほうぼうで土砂崩れを起こしている。

 

 CO2がオゾン層を破壊し、太陽熱が地球の表面を

焦がしているのか、35度以上の高温が続いて、熱中症

頻発している。

 

 さて、今日CATVで、初めて米国映画「ある愛の詩」を観た。

曲の方はプレイリストにも入れているくらい馴染みがあったが、

1970年に発表された映画は観たことがなかった。 

 

 ヒロインは24才で白血病で世を去る。

 

 主題曲が知れ渡っているが、ヒロインの次の言葉が有名なのは

知らなかった。

 

 "Love means never having to say you're sorry."

 訳はいろいろある。

 「後悔しないのが愛よ。」

 「愛とは決して後悔しないこと

 「愛していたら、後で謝ったりしなくてもいい。」

 

 暑い時に観たら涼しくなった。

 

 そして、プレイリストに入れている、もう一つの純愛

物語りのテーマ曲「愛と死をみつめて」を思い出した。

映画もTVドラマも観てないが、軟骨肉腫と言う病で

21才の若さで世を去った女性の実話であり、

物語りは悲しいが、歌が素晴らしい。

 

 もし、DVDなどで観たらさぞかし涼しくなるだろう。

 

 夏は怪談で涼むのも良いが、悲恋・純愛ものもいい。

 

 

 

 

海の日~海の記憶

 最後に海を見たのはいつだろう。 随分、海を見ていない。

 

 一番最後は2017年6月、息子に東京湾アクアライン

ウミホタル経由、千葉の墓参りに連れて行って貰った時か。

 

f:id:tedokunusi:20180716122353j:plain

 

 その前は、2016年3月、これも息子に伊豆の土肥温泉に

連れて行って貰った時だ。 フェリーで清水港経由帰京した。

 

f:id:tedokunusi:20180716122542j:plain

f:id:tedokunusi:20180716122636j:plain

f:id:tedokunusi:20180716122718j:plain

 

 子供の時は、父親が仕事があったから、母親が皮膚の弱い自分を

潮干狩りに連れて行って、潮風に当たらせてくれた。

行先は千葉の稲毛海岸三浦半島金沢八景など。

 

 父親が東京湾で釣りをするのに付いて行った。

主に竹芝桟橋で夜釣り。 イカ釣りみたいに、アセチレンガスの

トーチをともして、「せいご」を狙った。「せいご」とは

「すずき」の孫。 出世魚で成長につれて、せいご~ふっこ~

すずきと名前が変わる。 白身魚で開いて、塩干しして火にあぶって

食べると高級魚の味だ。

 

 東京湾はハゼ釣りが盛んで、方々から釣り船が出ていた。

然し、金もかかるし、小用をたすのが嫌で、もっぱら陸釣りをした。

釣り場は月島岸壁と多摩川の河口。 数は獲れなかったが、

はらわたを取って天ぷらに揚げたら絶品。

 

 東京湾での釣りは、終戦後の食糧難にあっては、貴重な蛋白質

だったし、金のかからない娯楽だった。 この頃は、地方の畑と同様、

海から自然の恵みを貰っていたのだ。

 

 大学生時代、東北の気仙沼のお寺に2週間泊めて貰い、リアス式

海岸を見て歩いたり、あわびの貝に詰めたウニの浜焼きや、

新鮮な刺身など、海を最高にエンジョイしたのは貴重な思い出だ。

f:id:tedokunusi:20180716122917j:plain

f:id:tedokunusi:20180716123008j:plain

 

 新婚旅行は東京から神戸に夜行寝台で行き、朝から夕方まで、

くれない丸という客船で瀬戸内海を進み、大分の別府温泉

泊まり、九州周遊の旅をした。

 

 結婚して、子供が出来ると、夏は伊豆の東海岸の温泉宿に連れて

行って、海水浴、温泉、料理を楽しんだ。 伊豆急の駅ごとに

温泉場と海水浴場があり、毎回違う海岸に行くのが面白かった。

 

 仕事で横浜港・神戸港に行き、艀で沖に停泊している貨物船に

行き、甲板に上がり、船倉にも下りた。 貿易関係の仕事を

選んだから、海との縁が深くなって当然。

 

 ニューヨークに駐在となり、オフィスはマンハッタン島の南の

外れにあり、フェリーで通勤も良いかなと、スタッテンアイランド島

に住んだ。 お蔭で毎日、船内で珈琲とサンドイッチを買い、

自由の女神を眺めながらの通勤。

 

f:id:tedokunusi:20180716125929j:plain

 

f:id:tedokunusi:20180716124312j:plain

 

 南半球の海も南ア連邦のダーバンという観光地になっている

港の高台から見下ろした。(ダーバンの写真が無いので

少し離れたケープタウンの写真をネットから拝借)

 

f:id:tedokunusi:20180716125608j:plain

 

 海の記憶は海そのものと同じで果てしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

七夕伝説に疑問あり

 以前は7月7日の七夕伝説に何の違和感も無かったし、

疑いも無かった。 ところが、暇になったものだから、

一寸考えてみた。

 

 幼稚園や保育園を覗くと、篠竹の七夕飾りがある。

昔、色紙の短冊に「願い事」を書いて、枝に吊り下げた

ことを思い出す。

 

 最近「夢は叶う」とか「願えば叶う」という言葉を

頻繁にみかけるが、昔は「七夕飾り」でそれを教えて

貰っていたことに気付く。 

 

 「願い」というと、普通は、神社仏閣に詣でた時に、

お賽銭をあげて「願掛け」をするのが一般的で、

「七夕飾り」に「願掛け」とは変わった習慣だ。

 

 さて、「牽牛・織女」伝説と「七夕飾り」の関係は

どういうことなのだろうか。

 

 大体「一年に一度しか逢うことを許されない」ということが

変ではないか。 夫婦が引き離されるのは、兵役とか、仕事上の

単身赴任とか、最悪、法に触れて塀の中に入れられる、

などいろいろ。

 

 牽牛織女夫婦がいちゃついてばかりで仕事をしないのは

そんな「生木を裂くような」罰を受ける事だろうか。

 

 「七夕飾り」というのは「牽牛」と「織女」が無事に逢える

ようにと祈るための道具なのだろうが、意味が分からない。

 

 古代中国で生まれた話がそのまま現代の日本で語り継がれて

いることも不思議だ。

 

 そろそろ、もっと面白くて子供のためになる童話に改良したら

どうだろうか。

 

 例えば、「牽牛」はアダムの子孫、「織女」はイブの子孫。

天界で「サボり」の罪に問われ、地上に追放された。

天界では妊娠という概念は無かったが、地上では次から次に

子供が生まれ、夫婦は子育てと食い扶持稼ぎに四苦八苦。

それでも、二人は幸せ一杯で、天界に戻りたいとは願わなかった。

 

 「七夕飾り」は二人が早く地球におろして貰えるように

「祈る」道具なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花が無い

 今日は31度と少し楽だった。 それでも、散歩はサボっている。

 

 だから、花の写真が撮れない。

 

 スーパーの花売り場も見るべき花は無い。

 

 

f:id:tedokunusi:20180705212953j:plain

 

トウガラシの色は赤色だけだと思っていたが、いろいろあるのものだ。

 

f:id:tedokunusi:20180705213132j:plain

 

 「ほうずき」は平凡だが。

 

f:id:tedokunusi:20180705213252j:plain

おめでとうUSA! 242回目の誕生日

 7月4日は米国の独立記念日だったのに、祝辞を忘れていた。

 

 自分は29~30才の2年間と36~44才の8年間、更に、48~

49才にかけてと合計10年半住んだ国だから、米国は第二の故国の

ようなもの。

 

 サラリーマン生活25年の間の10年半だから、半分近く米国

暮らしをしたことになる。

 

 同時多発テロ世界貿易センターにも6年ほど勤務した。

幸いと云っては犠牲者に申し訳ないが、事件の数年前に

帰国していて難を逃れた。

 

 米国駐在経験者は何万人といるだろうが、NY市5区のうち、

クイーンズ区、スタッテンアイランド区、ブロンクス区、

マンハッタン区とブルックリン区以外の4区に住んだ経験のある

日本人は稀だろう。 自分は東京育ちだがNYのほうが詳しいような

気がする。

 

 米国全州の殆どに車と飛行機で行ったが、NY~ナイヤガラだけでも

片道650キロのところ、車で3回行った。 正月休みに家族を載せて

NYからフロリダのオーランドにあるディズニーワールドへ車で

途中モーテルに2泊しながら片道1800キロ走った。休暇は1週間

だったのに、目的地に泊まったのは大晦日の晩だけだった。

もっとも、ニューイヤーイブのダンスが目的でもあったから、

大変貴重な思い出を貰った。最期はコロラド州デンバー市から

NYまで車で走ってみた。これも途中2泊。距離は2800キロ以上。

アメリカは広い!

 

 米国内は4つの標準時がある。出張で腕時計を調整しておかないと

アポイントの時間に遅刻することもある。

 

 米国と米国人には大いに感謝している。